JRグループ6社の総合案内サイトです

JR線ご利用案内

きっぷの変更

更新日:

乗車券、特急券などを変更する際のルールや手数料について、ご案内します。


指定席券の変更

新幹線・特急列車などの指定席券・グリーン券類は、使用開始前(改札口を通る前)で、乗車予定列車の発車時刻前ならば、1回に限り別の指定席券類に変更ができます。変更対象は、そのとき発売されている全列車です。手数料はかかりません。差額は清算します。

たとえば、東京→新大阪の「のぞみ」の指定席特急券を、後続列車の「のぞみ」に変更することもできますし、東京→盛岡の「はやぶさ」の指定席特急券に変更することも可能です。

変更は1回限りです。2回目以降の変更は、いったん払い戻してから、新たに指定席券を購入してください。

JR東日本の「座席未指定券」の場合は、同一区間であれば券面に表示された列車の指定席特急券に変更可能です。この場合は、変更回数に含まれません。

はるか

指定した列車に乗り遅れたとき

指定した列車に乗り遅れたときは、指定席特急券、指定席グリーン券、寝台券、指定席券は無効となり、払い戻しできません。

指定席特急券をお持ちで乗り遅れた場合、指定された列車と同じ日の後続列車の普通車自由席に限り、ご乗車できます。後続列車の指定席をご利用になる場合は、あらためて指定席特急料金を全額支払って、席をお取りいただくことになります。

全車指定席列車に乗り遅れたとき

「はやぶさ」「かがやき」など全車指定席の列車では、後続列車に自由席がありません。そのため、これらの列車に乗り遅れた場合は、後続列車を立席でご利用になれます。

また、後続の自由席のある同区間の他の列車の自由席に乗ることもできます。たとえば、「はやぶさ」に乗り遅れたら、後続の「やまびこ」の自由席に乗ることができます。

「やまびこ」指定席に乗り遅れた人が、後続の「はやぶさ」など全車指定席の列車に立席で乗ることはできません。

自由席券の変更

使用開始前(改札口を通る前)の自由席特急券、急行券、自由席グリーン券は、有効期間内または有効期間前であれば、1回に限り同じ種類のきっぷに変更できます。手数料はかかりません。差額は精算します。

同じ種類のきっぷへの変更のほか、指定席券への変更も可能です。

使用開始後でも、区間変更や、指定席への変更は可能です。このとき、不足額はお支払いいただきますが、過剰額の払い戻しはいたしません。

2回目以降の変更は、いったん払い戻してから、新たに自由席券を購入してください。

乗車券の変更

使用開始前(改札口を通る前)の乗車券は、有効期間内または有効期間前であれば、1回に限り、同じ種類のきっぷに変更することができます。手数料はかかりません。差額は精算します。定期券、回数券、割引きっぷは、原則として変更はできません。

2回目以降の変更は、いったん払い戻してから、新たに乗車券を購入してください。

乗り越し、使用開始後の変更

乗車券を乗り越す場合は、乗り越し区間の運賃を到着駅または車内でお支払いください。

経路変更、行先変更の場合は、変更区間の運賃と、使わない区間の運賃とを比較して、不足額があればお支払いください。ただし、過剰額があっても、払い戻しはいたしません。

乗車券の区間の途中で下車して旅行を打ち切る場合は、前途無効となり、払い戻しはありません。

乗り越しの場合は、乗り越し区間部分を打ち切って追加運賃を計算します。ただし、もとの乗車券の営業キロが片道100km以内の場合は、新旧の運賃を比較して差額をお支払いいただきます。東京・仙台・新潟・大阪・福岡の各近郊区間内での乗り越しの場合も同様です。

東京都区内、各特定市内または東京山手線内着となる乗車券で乗り越す場合は、乗り越す駅の方向にあるゾーンの出口の駅から、乗り越し駅までの運賃をお支払いください。




-ルール

Copyright© JR線ご利用案内 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.