JRグループ6社の総合案内サイトです

JR線ご利用案内

きっぷをなくした場合

投稿日:

きっぷを紛失した場合の対応や手続きについてご案内します。


きっぷを紛失した場合の扱い

きっぷを紛失した場合、ご乗車予定の列車をご利用になるには、同じ区間、列車のきっぷの買い直しになります。

ただし、1年以内になくしたきっぷが見つかった場合、買い直したきっぷの代金が払い戻されます。

紛失に気付いた時の手続き

きっぷをなくしたと気づいたら、駅のきっぷうりばや列車の係員にその旨をお伝えください。紛失再発行用として、同じきっぷをその場で、もう一度お買い求めいただきます。

再度購入したきっぷには「紛失再」の表示をいたします。「紛失再」のきっぷでご乗車になり、下車駅の改札口で「再収受証明」を受け、そのままお持ち帰りください。

1年以内になくしたきっぷが発見された場合、発券したきっぷと、「再収受証明」のマークが付いているきっぷ(買い直したきっぷ)の両方を駅へお持ちください。発見されたきっぷについて、手数料220円(指定券は330円)で、「再収受証明」のあるきっぷの運賃・料金を払いもどします。

きっぷを買い直す際、再収受証明を受けられるのは、同じ列車の指定券に限ります。乗車券は、同じく間に限られます。なくしたきっぷがトクトクきっぷ(「ジパング倶楽部」の割引や「レール&レンタカーきっぷ」などを含みます)の場合は、なくしたきっぷと同じ区間・列車・設備の無割引のきっぷをご購入ください。

なくしたきっぷがトクトクきっぷの場合は、あとからお買い求めいただいたきっぷのご利用状況などにより、払いもどしができない場合があります。

きっぷが盗難にあわれた場合も、同様のお取扱いとなります。定期券、回数券及び一部のトクトクきっぷは、このお取扱いはいたしません。

東海道・山陽新幹線での特別な取扱い

東海道・山陽新幹線(東京~博多間)の指定券・グリーン券をクレジットカードで購入し、東海道・山陽新幹線をご利用中(新幹線改札内、列車内)に、そのきっぷをなくした場合は、特例があります。

紛失したきっぷが「払い戻されていないこと」「他に使われていないこと」が確認できれば、なくしたきっぷが発券されたものとして、所定の手数料を差し引いて払い戻しします。

紛失に気づいたら、新幹線下車駅でご申告ください。可能な範囲で、紛失されたきっぷの使用状況を確認いたします。

この場合も、通常のきっぷをなくした場合と同様、駅のきっぷうりばや列車の係員にその旨をお伝えいただき、紛失再発行用としてきっぷをもう一度お買い求めください。

この扱いによる払いもどしは、クレジットカードでお客様指定の金融機関の口座への振り込みによります。振込手数料はお客様負担となります。

定期券、回数券及びトクトクきっぷ(一部を除く)等はこの取扱いはいたしません。現金できっぷを購入された場合にも適用されません。




-ルール

Copyright© JR線ご利用案内 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.