JR線ご利用案内

サイトマップ

きっぷの予約方法

JRの列車の指定席券は、駅の窓口やインターネットサイトで購入できます。指定席券を購入することで、その列車を予約したことになります。

JRに乗るときに予約は必要?

JR線にご乗車になるとき、必ずしも予約は必要ありません。予約が必要なのは、指定席をご利用になる場合だけです。

ほとんどの新幹線や特急列車には自由席がありますので、予約なしでも当日駅に行って、来た列車に乗ることができます。普通・快速列車もほとんどが自由席ですので、予約が要らない列車がほとんどです。

ただし、新幹線や特急列車、観光列車の一部には自由席がありません。また、混雑時は自由席に座れない場合もあります。そのため、必ず席にお座りになりたいなら、指定席券を予めご購入ください。

予約が必要な座席

JRの列車には「普通車自由席」、「普通車指定席」「グリーン車自由席」、「グリーン車指定席」、「グランクラス」があります。これらのうち、「普通車自由席」「グリーン車自由席」は予約が必要ありません。予約が必要なのは、「普通車指定席」「グリーン車指定席」「グランクラス」のみです。

予約が必要な列車

新幹線で予約が絶対に必要な列車は、「はやぶさ」「こまち」「かがやき」のみです。この3列車は、原則として自由席が連結されていませんので、予約なしに乗車することはできません。

在来線では、「成田エクスプレス」などが全車指定席なので、予約が必要です。寝台車も予約が必要ですので、「サンライズ出雲・瀬戸」も予約が必要です。そのほか、観光列車や臨時列車の一部にも全車指定席の列車があります。全車指定席の列車に乗車するには予約が必要です。

こうした全車指定席以外の全ての列車には自由席が付いています。自由席を利用するなら、予約不要でご乗車できます。予約しない場合は、旅行当日に駅に行って、窓口できっぷを買って、来た列車にご乗車できます。

JR列車の「予約」とは?

JRの列車の「予約」とは、「指定席券を買うこと」を指します。「指定席券を買う」ことで、予約が成立します。「予約だけしておいて、後でお金を払う」ということはできません。

指定席回数券での座席予約

新幹線や特急列車には「指定席特急券」が発売されている場合があります。こうした指定席回数券は、乗車前に1枚ずつ予約(座席指定)をする必要があります。予約の手続きは、JR駅の窓口や、指定席券売機にて無料でおこなえます。慣れていない方は、駅の窓口でおたずねください。回数券を提示してご希望の列車をお伝えいただければ、座席を予約します。

なお、自由席のある列車では、指定席回数券で予約なしに自由席に乗ることもできます。自由席回数券の場合は、座席の予約はできません。

予約場所と予約方法

JR指定席券の予約(購入)は、以下の場所で行うことができます。

駅の窓口
JRの指定席予約でもっとも簡単なのが駅の窓口での購入です。JRの駅の窓口は、「みどりの窓口」ということもあります。慣れていない人は、駅の窓口(みどりの窓口)で購入するのがおすすめです。
指定席券売機
JR駅にある「指定席券売機」でも新幹線・特急などの指定席・グリーン席が予約・購入できます。
旅行会社
JTBなどの一部旅行会社でも、JRのきっぷの予約・購入ができます。
インターネット
JR各社のウェブサイトでも指定席券・グリーン券の予約ができます。

サイト内検索

↑ PAGE TOP