JRグループ6社の総合案内サイトです

JR線ご利用案内

きっぷの払い戻し

更新日:

乗車券、特急券などを取り消して払い戻す際の、ルールや手数料のご案内です。


使用開始前のきっぷの払い戻し

JRの特急券、指定席券、乗車券などのきっぷは、使用開始前で、有効期間内や有効期間前ならば、払い戻すことができます。払い戻しは、駅、駅の旅行センター、おもな旅行会社で取り扱います。一部の割引きっぷは、購入した窓口でしか払い戻せない場合もあります。

クレジットカードで購入したきっぷであっても、JR窓口で購入した場合、JR他社でも払い戻せます。旅行会社でクレジットカード購入したきっぷは、JR駅窓口では払い戻せません。

使用開始前のきっぷの払い戻し手数料は以下の通りです。

使用開始前のきっぷの払い戻し手数料
きっぷの種類 払いもどし条件 手数料
普通乗車券、回数乗車券、急行券、自由席特急券、特定特急券、自由席グリーン券 使用開始前で有効期間内
(前売りの乗車券類については有効期間の開始日前を含みます)
220円
立席特急券 出発時刻まで 220円
指定席特急券、指定席グリーン券、寝台券、指定席券 列車出発日の2日前まで 330円
出発日の前日から出発時刻まで 30%
ただし最低330円

きっぷの払い戻しの注意事項

  • 列車の出発日またはその前日にいったん変更した指定券(立席特急券を除く)を払いもどすときには、手数料30%をいただきます。
  • 「ひたち」「ときわ」「成田エクスプレス」「スワローあかぎ」の座席未指定券は、上表によらず使用開始前で券面表示の乗車日まで、手数料330円です。
  • 特急券とグリーン券、特急券と寝台券、急行券と指定席券などを1枚で発行した指定券の払いもどし手数料は、グリーン券、寝台券、指定席券の分のみいただきます。
  • 学割証などの割引証を使って購入された乗車券は、払い戻しの場合でも割引証は返還されません。

スーパー北斗

使用開始後のきっぷの払い戻し

使用開始後でも、普通乗車券は、払い戻せる場合があります。払い戻せるのは、乗車券の有効期間内で、未使用区間の絵記号キロが1券片で101km以上の場合です。

この場合、使用済み区間の運賃と手数料220円を差し引いて払い戻すことができます。払い戻しは、旅行を中止した駅で申し出てください。

定期券の払い戻し

不要となった定期券は、使用前、使用中にかかわらず、有効期間が1カ月以上残っている場合に限って、払いもどしいたします。

有効期間開始前の払い戻し

有効期間の開始日の前日までの定期券の払いもどし額は、発売額から手数料220円を差し引いた残額です。

払戻額=定期券発売額-手数料220円

有効期間開始後の払い戻し

有効期間の開始日以降の定期券払いもどし額は、発売額からすでにお使いになった月数分(1カ月に満たない日のは数は1カ月とします)の定期運賃と手数料220円を差し引いた残額です。

払戻額=定期券発売額-使用済月数分の定期運賃-手数料220円

計算によっては、払いもどし額がない(ゼロ円の)場合もあります。

定期券を区間変更で買い直すとき

定期券の区間変更はできません。利用区間が変更になる場合は、新しい区間の定期券を購入していただき、古い区間の定期券を払いもどしてください。この場合の払いもどし額は、発売額からすでにお使いになった旬数(10日を1旬とし、1旬に満たない日のは数は1旬とします)に定期運賃の日割額を10倍した額を乗じた額と手数料220円を差し引いた残額です。

払戻額=定期券発売額-(使用した旬数×定期運賃の日割額×10)-手数料220円

回数券の払い戻し

不要となった回数乗車券の未使用の券片は、有効期間内である場合に払いもどしいたします。この場合の払いもどし額は、発売額からすでにお使いになった枚数分の普通運賃と手数料220円を差し引いた残額です。

払戻額=回数乗車券発売額-(使用済枚数×普通運賃)-手数料220円

回数券タイプのトクトクきっぷ(新幹線回数券など)は、1枚でも使ってしまうと、残り券片の払いもどしはできません。

列車が運休・遅延した場合の払い戻し

列車が運休または遅延した場合の払い戻しは、以下の通りです。新幹線・特急列車がご利用になれるトクトクきっぷについては、商品によって払いもどしのお取扱いが異なりますので、係員におたずねください。

運休の場合

  • 列車が運休したため、旅行をとりやめる場合は、運賃・料金の全額をお返しします。また、旅行の途中でとりやめる場合は、お乗りにならない区間の運賃はお返しします。その場合、運転をとりやめた列車の新幹線・特急料金などは全額お返しします。
  • 乗車中の新幹線・特急列車が途中で運転をとりやめた場合は、後続の新幹線・特急列車にご乗車になれます。この場合、運転をとりやめた列車の特急料金は全額お返しします。ただし、品川~東京間、大阪~新大阪間、大宮~上野・東京間、上野~東京間のみ運転をとりやめた場合は、特急料金の差額のみのお返しとなります。
  • 寝台料金は、使用開始後朝6時までの間に一部区間または全区間をご利用いただけなかった場合に限り、全額お返しします。
  • 列車が運休した場合、出発駅へ無料でお戻りになることもできます。この場合は、運賃・料金の全額をお返しします。
  • 定期券、回数券については、5日以上連続して不通の場合に限って、有効期間の延長や払いもどしをいたします。

遅延の場合

  • 新幹線・特急列車が、到着時刻より2時間以上遅れた場合は、特急料金の全額をお返しします。
  • 列車が遅れたことによって、乗り換え列車に接続しなかったため、予定の到着時刻より2時間以上遅れる場合で、途中で旅行をとりやめるときや出発した駅までお戻りになるときのお取扱いは、運休時の扱いと同じです。




-ルール

Copyright© JR線ご利用案内 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.