JRグループ6社の総合案内サイトです

JR線ご利用案内

大都市近郊区間の特例

更新日:

大都市近郊区間では、乗車経路にかかわらず、最も短い距離で計算された運賃で乗車できます。


大都市近郊区間のルール

JRでは、大都市近郊区間というエリアを設けています。大都市近郊区間は、「東京近郊区間」「大阪近郊区間」「福岡近郊区間」「仙台近郊区間」「新潟近郊区間」の5箇所です。

大都市近郊区間のルールは以下の通りです。

  • それぞれの大都市近郊区間内のみをご利用になる場合、実際にご乗車になる経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができます。
  • 乗車経路は、同じ駅を二度通ったり、重複しない限り、自由に選べます。
  • 途中下車はできません。途中で下車される場合は、実際に乗車された区間の運賃と比較して不足している場合はその差額をいただきます。
  • 大都市近郊区間内のみを通る乗車券は、営業キロに関わらず有効期間は1日です。
  • 新幹線は大都市近郊区間エリアに含まれません。

大都市近郊区間の範囲

大都市近郊区間の範囲は以下の通りです。

東京近郊区間

大阪近郊区間

福岡近郊区間

仙台近郊区間

新潟近郊区間




-運賃計算の特例

Copyright© JR線ご利用案内 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.