JRグループ6社の総合案内サイトです

JR線ご利用案内

分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例

更新日:

分岐駅を通過する場合、通過列車に限り、区間外での重複乗車を認める特例です。


山手線・中央線代々木駅の特例

中央快速で四ッ谷から渋谷に向かう場合、新宿駅で山手線に乗り換えます。経路上は、代々木駅が中央線と山手線の分岐駅ですが、中央快速は代々木駅に停まらないため、新宿駅で乗り換えます。このとき、代々木ー新宿間は重複乗車になります。こうしたケースでは、重複区間のキロ数は含めないで運賃計算をします。

こうしたルールを「分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例」といいます。下表の区間の左側の駅から枝分かれする一方の線区から他方の線区まで乗車する場合で、列車が左側の駅を通過するため左側の駅と右側の駅との間を折り返し乗車する場合は、同区間のキロ数は含めないで運賃計算をします(定期券は除きます)。

ただし、折り返し区間内では途中下車はできません。途中下車される場合は同区間に対する運賃が必要になります。

山手線

分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例区間

  • 東釧路 ― 釧路
  • 新旭川 ― 旭川
  • 白石 ― 札幌
  • 桑園 ― 札幌
  • 沼ノ端 ― 苫小牧
  • 川部 ― 弘前
  • 追分 ― 秋田
  • 羽前千歳 ― 山形
  • 北山形 ― 山形
  • 安積永盛 ― 郡山
  • 余目 ― 酒田
  • 宮内 ― 長岡
  • 宝積寺 ― 宇都宮
  • 新前橋 ― 高崎
  • 倉賀野 ― 高崎
  • 東神奈川 ― 横浜
  • 神田 ― 東京
  • 代々木 ― 新宿
  • 塩尻 ― 松本
  • 金山 ― 名古屋
  • 越前花堂 ― 福井
  • 近江塩津 ― 敦賀
  • 山科 ― 京都
  • 新大阪 ― 大阪
  • 大阪 ― 新大阪
  • 尼崎 ― 大阪
  • 東岡山 ― 岡山
  • 倉敷 ― 岡山
  • 備中神代 ― 新見
  • 伯耆大山 ― 米子
  • 宇多津 ― 丸亀
  • 多度津 ― 丸亀
  • 池谷 ― 勝瑞
  • 佐古 ― 徳島
  • 佃 ― 阿波池田
  • 向井原 ― 伊予市
  • 北宇和島 ― 字和島
  • 海田市 ― 広島※
  • 横川 ― 広島
  • 幡生 ― 下関
  • 西小倉 ― 小倉
  • 吉塚 ― 博多
  • 久保田 ― 佐賀
  • 城野 ― 小倉
  • 夜明 ― 日田
  • 宇土 ― 熊本
  • 田吉 ― 南宮崎

※三原以遠 ― 広島間新幹線利用の場合を含む

:東京から東海道新幹線で名古屋まで乗車し、名古屋から中央本線の列車に乗り継いで多治見まで乗車する場合

東京-多治見間の運賃は、東京-金山間と金山-多治見間の営業キロを合計した395.6キロで計算します。金山-名古屋間は上記の「特例区間」に該当しますので、運賃計算のキロ数から除外します。ただし、名古屋で途中下車される場合は、金山ー名古屋間の折り返し乗車分の運賃を別途いただきます。




-運賃計算の特例

Copyright© JR線ご利用案内 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.