JRグループ6社の総合案内サイトです

JR線ご利用案内

特急料金のしくみ

更新日:

特急料金の基本的なルールや、指定席料金と自由席料金の違いなどをご案内します。


特急料金が必要な列車

特急料金が必要な列車は、新幹線と在来線特急です。これらの列車に乗車するには、乗車券と特急券が必要です。

特急券の価格を「特急料金」といいます。列車や乗車距離によって価格が異なります。

いしづち

指定席特急料金と自由席特急料金

特急料金には、指定席特急料金と自由席特急料金があります。座席指定を受けるには指定席特急料金が必要です。通常期の指定席特急料金は、自由席特急料金の520円増し(JR九州内の在来線は510円増し)です。一部の区間では座席未指定券という料金制度もあります。

普通車指定席をご利用になる場合、指定席特急料金はシーズン別となっており、ご利用になる日によって、通常期・繁忙期・閑散期に分けられ、ねだんが異なります。

ただし、JR北海道内の在来線をご利用の場合、閑散期・繁忙期はありません。また、JR九州内の在来線をご利用の場合、繁忙期はありません。

グリーン車、グランクラス、寝台車をご利用になる場合の特急料金は、通常期の指定席特急料金の520円引き(JR九州内の在来線は510円引き)です。これは、繁忙期も閑散期も同額です。

特急料金の基本ルール

  • 特急料金には、新幹線の特急料金と在来線の特急料金があります。在来線の特急料金は、ご利用になる特急の区間によって、さらにA特急料金とB特急料金があります。
  • 区間によってはおトクな特急料金もあります。
  • こどもの特急料金は、おとなの半額(は数は切り捨て)です。ただし、半額とならない場合があります。
  • 指定席特急券は、指定された列車に限って有効です。
  • 座席未指定券は、券面に表示された日及び列車に限って有効です。
  • 自由席特急券のように列車を指定しない特急券は、当日のみ有効です。




-特急料金

Copyright© JR線ご利用案内 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.