JRグループ6社の総合案内サイトです

JR線ご利用案内

都区内と各特定市内駅、山手線内の特例

更新日:

特定都区市内駅と、山手線内駅発着の乗車券は、その都市の中心駅からの距離で運賃計算をするという特例があります。


特定都区市内駅の特例

東京、横浜、名古屋、大阪など11都市(特定都区市内)では、片道201キロ以上ある区間について、「市内(都区内)のどの駅からでも乗車できる」という特例を採用しています。これを「特定都区市内駅の特例」といいます。

特定都区市内から(まで)営業キロが201キロ以上ある駅との区間の運賃は、その都市の中心駅から(または中心駅まで)の営業キロ、運賃計算キロで計算します。

都区市内発着の乗車券は、それぞれの同じゾーン内ならどの駅でも乗り始める(または降りる)ことができます。ただし、同じゾーン内の駅で途中下車はできません。

:小岩から新倉敷までの運賃
特定都区市内駅

小岩駅は「東京都区内」ゾーン内にある駅で、また中心駅の東京駅から新倉敷駅までは201キロ以上ありますので、運賃は東京~新倉敷間の営業キロ758.1キロで計算し10,480円になります。

小岩駅に限らず、新宿駅からでも、渋谷駅からでも、新倉敷までの運賃は同じになります。

東京山手線内駅の特例

東京の山手線内の各駅では、片道101キロ以上ある区間について、「山手線内のどの駅からでも乗車できる」という特例を採用しています。山手線内から(まで)営業キロが101キロ以上ある駅との区間の運賃は、その東京駅から(または東京駅まで)の営業キロ、運賃計算キロで計算します。

:品川から越後湯沢までの運賃
特定都区市内駅

品川駅は「山手線内」のゾーン内にある駅で、また中心駅の東京駅から越後湯沢駅までは101~200キロの区間にありますので、運賃は東京~越後湯沢間の営業キロ199.2キロで計算し3,350円になります。

品川駅に限らず、池袋駅からでも、新宿駅からでも、越後湯沢までの運賃は同じになります。

特定都区市内駅・東京山手線内駅の範囲

特定都区市内駅・東京山手線内駅の範囲は、下図の通りです。

札幌市内駅

仙台市内駅

東京都区内駅

横浜市内駅

名古屋市内駅

京都市内駅

大阪市内駅

神戸市内駅

広島市内駅

北九州市内駅

福岡市内駅




-運賃計算の特例

Copyright© JR線ご利用案内 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.